心理カウンセリングとは

2020.11.17|心の取り扱い方

このエントリーをに追加

私にとって心理カウンセリングとは

自分の感情を見つめて
自分を知り


自分を開示して
自分と向き合っていくためのレッスン

自分の中にある痛み
押し込めてきた感情
本当に自分が求めていること

それを誰の解釈や判断でもない
氣づきの意識の中で
愛ある好奇心で
明らかにしていきます

大切なのは
ポジティブな感情になることでも
ポジティブワードを唱えることでもなく

自分の中にあるものを
認めてあげること
だと思います

溜め込んでしまった
不快感、違和感
悲しみ、怒り、などにも気づいて
吐き出させてあげること

罪悪感や無価値観
恐れや不安が出てきているのなら

そのまま受け止めてあげること

それらの感情は
良くないモノであるから
無くしていくのではなく

まずはあるがままに
認めてあげます

感情を自分と同一化せず
手放すことを
淡々とただただやっていきます

人生で一番大切なことは
自分の本質と向き合い
そこから生きること


本質で生きるというのは
世の中の洗脳や
親からの条件付けを超えることです

そのために自分の内側に
潜り込んで
自分を見つめていく

どんな条件付けがあるのか
何を思いんでいるのか
何に心が揺れるのか

徹底的に自分を見つめていくことだと
思っています

 

そんな風に思います

先週から実家の北海道留萌市で
NLPセミナーをしていたので
私はまだ北海道におります

今日はオンラインで
NLP実践心理学セミナー
カウンセリング講座でした

 

画面上に映る私とみなさんの格好が違いすぎる
北海道は今は5℃でこれからさらに寒くなります

今日の沖縄は28℃だったらしい(^^;

この時期の帰省は厳しいですね

心理カウンセリングを受けてみたい方は

こちらから

 

 

 

この記事にコメント

*

トラックバックURL

エステ