幸せの扉を開く鍵~Believe in myself~

全てにある肯定的な意図 NLP心理学

2014.8.27|NLP

このエントリーをに追加

人の中にある様々なパーソナリティを
NLPではパートと呼んでいます。

そして、全てのパートには
肯定的意図があるといわれています。

短所だと思っているところや
改善したいなぁと感じていることにも
全て肯定的意図があるのです

なので、短所や改善したい行動は
避けたり、嫌悪感を味わうのではなく
まずはその存在を認め

そのパートと会話をして
肯定的意図を探してみることで
違った発見ができるかもしれません。

例えば
自分は「すぐに怒ってしまう」という
自分の短所を感じていたら

「怒ってしまうパート」として扱います。

そして、そのパートと会話をするような感じで
自分自身に質問をしていきます。

「怒ることで何を得ているの?」

「自分を守ること」

自分を守ることで得ているものは?」

「他人に傷つけられないこと」

「それは何を得ているの」

「安心感」

こんな感じでもっと深く深く
問いかけていくと

その行動に隠されている

本当の欲求が見え
肯定的な意図も見えてきます。

そして、嫌だと感じていたパートが
愛おしく感じたりもします。

この肯定的な意図は
過去の経験や自分の観念に
繋がっています。

もしかしたら、
ものすごく傷ついた経験があるのかも
しれませんし

その行動をする事で
自分を守っていたり
自分の過去の悲しみを
癒しているのかもしれません。

どんな行動や感情・考えにも肯定的意図があり
どのパートも私のために
精一杯頑張ってくれているのですね。

そして
自分が本当に欲していることを知れば
別の手段でそれを満たすことも出来る
かもしれません。

 

自分のパートと会話してみたい方は

お試しセッションを体験していてくださいね!!

 

 

珍田隆子ブログ
自分らしく生きるために

この記事にコメント

*

トラックバックURL

エステ