幸せの扉を開く鍵~Believe in myself~

セルフイメージを変える方法

2013.9.18|セルフイメージ

このエントリーをに追加

セルフイメージとは
自分で自分のことをどう思っているのか
という考え方やイメージです。

それは、自分の思い込みであり
子どもに時代につくられた信念です。

子ども時代の様々な経験は
潜在意識に記憶されています。

成功体験や失敗体験
屈辱した体験や功績があった体験
親や友人やその他の人たちが
あなたに見せた反応などから

自分のセルフイメージを
無意識的に創り出しています。

そしてそれを

真実だと思い込んでいます。

人は自分のセルフイメージに疑問を持たずに
真実であるかのように
セルフイメージ通りに行動しています。

自分はこういう人間である
というセルフイメージに従って行動しているのです

例えば
『私は社交的である』
というセルフイメージなら

いつも社交的に色々な人と関わりを持ちます。

しかし
社交的な行動が出来るから
『私は社交的である』という
セルフイメージを持っているのではなく

『私は社交的である』
というセルフイメージを基に
社交的に振る舞い行動をしている
ということに氣がつきません。

人は日常的に自分のセルフイメージについて
あまり意識することはありません。

たとえ意識的ではなくても
自分のセルフイメージ通りに行動しているのです。

そして
自分の行動や振る舞いなどを根拠にして
『私は○○である』というセルフイメージを
強化させていくのです

しかし、実際には
セルフイメージ⇒行動
を無意識的に行なっています。

セルフイメージを変えたい場合は
意識的にセルフイメージを確認し
行動をすることです。

○○な行動をしている
という証拠を沢山作り

だから『私は○○である』
と結びつけていきます。

つまり
行動をどんどんしていくことで
セルフイメージも書き換えられます。

セルフイメージは
自分で勝手に創りだした思い込みなので
必ず変えることが出来ます。

例えば、『私はダメな人間だ』と
思い込んでいるのなら

ダメな人間ではなかったら
私は今何をするのか?
どんな行動を取るのだろう?
と自分に問いかけてみます。

それは、早起きすることかもしれませんし
約束を守ることかもしれません。

ダメな自分ではない行動を
まずはしてみるのです。

それを繰り返し行い
証拠を沢山作っていくことで
セルフイメージは書き換えれていることに
氣がつくでしょう。

セルフイメージはあなたの思い込みです。
あなた自身が創り出したものです。
セルフイメージは誰でも変えられます。

 

行動する自分を創るためには
どのようにしたらよいのか

セルフイメージを書き換えるための
実践的な方法が
知りたりたい方には

個人セッションをお勧めします!!
あなたの本質に氣づくための個人セッション
あなたが本来の自分であるように
自分らしく生きる道をサポートいたします。


<<<個人セッションはこちらから>>>

心の仕組みや使い方なども個人セッションでレクチャーいたします。
心理学の智慧はあなたの人生の大きな力になってくれますよ

 
 

今よりも自由で自分らしい人生を歩みたい方には

自信を持ってお勧めいたします!!

 

この記事にコメント

*

トラックバックURL

エステ